特集

美白の前に紫外線対策を

日本人女性にインタビューすると、ほぼ9割の女性が肌の色は黒いより白い方が良いと答えます。昨今の美白ブームにより『美白用』と書かれている化粧水や美容液を買う方が増えている反面、「シミやシワくらい出来るのは仕方ない」と諦めている方もいます。

大切なのは出来ても増やさないこと。シミやシワは出来てしまってからはなかなか消えません。美白の前に大切なのは『紫外線対策』です。出来るのを極力予防することが先決です。4月から5月にかけては、シミ・シワ・たるみの原因になるUV-Aがピークに達します。数値的には12月や1月の約8~9倍の放出量で、春夏は冬より8~9倍老化が加速するということになります。
※波長が長く、皮膚内に深く入り込む性質があります。浴びると肌が黒くなり、気づかないうちに元に戻りますが、老化を促して、肌のシミ・シワ・たるみの原因にもなります。ニキビ跡がシミになる可能性もある、老化を促進させる紫外線です。

紫外線を浴びてから72時間以内に、脳からメラニンを増やすよう命令が出ます。そのため、72時間以内に日焼け部分を集中ケアすることで、メラニンの生成を比較的抑えることができます。また、シミは紫外線だけでなく、乾燥とストレスが原因の場合もあります。大気汚染やエアコンなど、日々の生活の中に乾燥の要素はたくさん詰まっており、女性特有のストレス(月経、子育てなど)でもシミは増えます。シミや乾燥を気にしすぎも逆にストレスになりますが、デイプロテクションWHブライトニングフォースWHなどを使って、正しいケアをすれば防止かつ老化を送らせることは可能です。

紫外線予防のポイント
  1. 基礎化粧品を正しく、ちゃんと適量を使用する。
  2. UVカット商品も、お肌に優しく紫外線吸収材不使用のものを使用する。
  3. 皮脂によってUV防御も低下するので、メイク直しでこまめにUVケアをする。
<紫外線対策におすすめのアイテム>

デイプロテクションWH ブライトニングフォースWH
(左)デイプロテクションWH – UVケアしながら遺伝子レベルで肌老化にアプローチする日焼け止め下地
(右)ブライトニングフォースWH – 肌をいたわり、ツヤとなめらかさを与える美白用美容液

関連記事

ページ上部へ戻る