特集

夏のお肌こそ乾燥対策を!

夏のお肌こそ乾燥対策!

連日猛暑日が続き、気温と湿度がますます高まる8月。陽射しも強く、紫外線量も多く、室内と外気の温度差も大きいなど、8月の環境はお肌にとってはかなり過酷な状態です。
おまけに汗や皮脂でお肌の表面がベタつきがちなので、お肌が潤っていると勘違いして、ついつい保湿を忘れがちになっていませんか?
実は、夏のお肌こそ乾燥しやすいんです。

インナードライ

夏のお肌は表面がベタつき、角質内部は乾燥状態とインナードライ化しています。

【主な原因】

  1. エアコンによる室内の乾燥
  2. 日々のスキンケアで保湿に必要な乳液やクリームを省きがち
  3. 暑さによる寝不足や食欲不振、偏った食生活などにより、お肌のターンオーバーが乱れがち
  4. 皮脂を落とすための過剰な洗顔や、パックによる過剰ケア

以上のような原因が考えられます。
夏のインナードライスキンに気付かず秋を迎えると、さらに乾燥が進み、シミや小じわ、かゆみが出たり敏感になったりと、いわゆる『ゆらぎ肌』へとまっしぐら!
夏こそ乾燥対策が必要です。

インナードライ

夏の乾燥対策のポイント

インナードライ

  1. 汚れはちゃんと落としましょう

    クレンジングとウォッシングで、皮脂も汗もちゃんと落としましょう。
    カローレでは、特に朝クレンジングを大切にしています。
    朝のお肌は、皮脂や汗が肌表面だけでなく毛穴にも詰まっています。ちゃんと落とさないままメイクをすれば、化粧崩れも早く、紫外線によって毛穴の皮脂が酸化して、毛穴の黒ずみに繋がります。
    また、汚れがちゃんと落とせていないと、洗顔後の化粧水などの美容成分の浸透の妨げになってしまいます。

  2. 潤いを与えて角質層を安定させましょう

    乾燥肌の特徴は、角質層の保湿成分(細胞間脂質・皮脂膜など)が不足することにより角質細胞が不安定となり、肌内部の乾燥に繋がっていくことです。
    乾燥を防ぐためには、角質層を安定させることが大切です。
    化粧水だけでなく、乳液やクリームを使って角質層内の保湿成分を補ってあげましょう。

  3. 質のいい睡眠をとりましょう

    睡眠不足は美容の大敵!時間よりも質が大切です。
    入浴や軽いストレッチなどを行い、身体と気持ちをリラックスさせます。
    サンライトをお持ちのお客様は、インディゴやブルーグリーンなどがオススメです。
    また、睡眠の質を高めるためには、ビタミンB6・ビタミンB12・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛のような栄養素が必要です。
    これらの栄養素を手軽に摂り入れる方法は、寝る前に1杯のミルクココアや抹茶ミルクを飲むことです。
    牛乳が苦手な方は豆乳に変えてもOKです。

  4. 夏の乾燥対策で潤い肌をキープして、秋の『ゆらぎ肌』に備えましょう。


ご自身でのケアが不安な方は、カラービューティーラボ・カローレでのエステをおすすめします。

店舗一覧

福岡県 カラービューティーラボ 久留米本店
カラービューティーラボ 福岡店
(10月1日より、久留米本店へ統合となりました)
佐賀県
カラービューティーラボ 佐賀多久店
山口県 カラービューティーラボ 宇部店
長崎県 カラービューティーラボ 佐世保店
熊本県 カローレ 熊本店

カローレコールセンター

関連記事